Car navigation History


2010〜2014


スマートフォンの普及





2010年へ
2015年〜2019年へ

カーナビ・GNSS動向 周辺・補足・他 社会
2014
平成
26年



第35回日本カー・オブ・ザ・イヤー マツダ「デミオ」

第24回RJCカー・オブ・ザ・イヤー スズキ「ハスラー」
12月

Google、自動運転自動車のプロトタイプを完成。


トヨタ、FCV(燃料電池車)「MIRAI」を発売。


二玄社、CG(CAR GRAPHIC)2015年1月号発売。特別付録に「カーナビの達人2015 WINTER」。


菅原文太、死去。


11月
カーナビの歴史パナソニック
ストラーダ
美優(ビ・ユー)Navi
「CN-RX01WD/RX01D」
・市販のAV一体型カーナビとして初めて、ブルーレイディスクプレーヤーを搭載。BD、DVD、CDの再生が可能。
・地図・検索データは16GBのSDHCメモリーカードに収録。


カーナビの歴史富士通テン
イクリプス
「AVN-SZX04i/SZ04iW/SZ04i」
・通信ユニットを付属。国内市販ナビで初めて、月一回、全国全ての道路を自動で更新。データのダウンロード中も通常通りの使用が可能。



高倉健、死去。


10月

カーナビの歴史パイオニア、国内初のApple CarPlay対応AVメインユニット「SPH-DA700」発売。価格は9万円。


福岡ソフトバンクホークス、3年ぶりの日本一。


赤崎勇、天野浩、中村修二、ノーベル物理学賞受賞決定。


9月

Apple、「iPhone 6/6 Plus」発売。



8月


WHO、エボラ出血熱感染拡大で緊急事態宣言。


7月
カーナビの歴史ヤフー
「Yahoo!カーナビ」
・スマートフォン向け無料カーナビアプリとしては国内初となるVICS対応。
・音声ガイドは東芝、地図データは住友電工システムソリューション。


二玄社、CG(CAR GRAPHIC)2014年8月号発売。特別付録に「カーナビの達人2014 SUMMER」。



2014 平成26年
6月
カーナビの歴史トヨタ
・新テレマティクスサービス「T-Connect」発表。


カーナビの歴史GARMIN
「GARMIN HUD」日本版
・ダッシュボードに置くヘッドアップディスプレータイプのナビ。
・iPhoneにナビアプリ「マップルナビ for HUD」をインストールしBluetoothで接続。
・価格は2万186円。


カーナビの歴史パナソニック
ゴリラ/ゴリラ アイ
「CN-GP747VD/GP540D」他
・ポータブルカーナビとして業界初、米国「GPS」、日本準天頂衛星「みちびき」、ロシア「グロナス」、のトリプル衛星受信に対応。


カーナビの歴史Google、自動車プラットフォーム「Android Auto」発表。


タカラトミー、「ぼくのカーナビドライブ」発売。1983年発売「ドライビングターボ」の最新版。NAVITIMEのナビゲーション機能を内蔵。


カシオ、世界初のGPS電波と標準電波受信のハイブリッド時刻取得システム搭載G-SHOCK「GPW-1000」シリーズ発表。


富岡製糸場、世界遺産に。近代産業遺産としては国内初。


ドイツ優勝!FIFAワールドカップ、ブラジル大会開催。ドイツ優勝。


5月
カーナビの歴史アルパイン
BIG X プレミアム
「EX1000」シリーズ
・市販のAV一体型ナビとして世界最大となる、10型液晶(7型の2.3倍)搭載。
・「日刊自動車新聞 用品大賞2014」グランプリを受賞。


GPS、GNSSの歴史TIMATIONシステムを開発したロジャー・リー・イーストン、死去。



CHAGE and ASKAのASKA、覚せい剤取締法違反で逮捕。


4月


韓国で旅客船「セウォル号」沈没事故。


消費税、8%に。


3月

カーナビの歴史Apple、iPhoneを車内で快適に利用する「CarPlay」を発表。


フジテレビ「笑っていいとも!」、32年の歴史に幕。


2月

セイコークロック、世界初家庭向けGPS衛星電波時計「セイコースペースリンク」発売。


オリンピックソチオリンピック開催。羽生がフィギュアスケートで日本男子初の金メダル!


1月

スズキ、「ハスラー」発売。




カーナビの歴史

2013
平成
25年



第34回日本カー・オブ・ザ・イヤー フォルクスワーゲン「ゴルフ」

第23回RJCカー・オブ・ザ・イヤー マツダ「アテンザ」
12月
カーナビの歴史ドコモ/パイオニア
「ドコモ ドライブネットインフォ」
・スマートフォンに話しかければ、渋滞情報や天気・ニュースなどを音声で知らせてくれるアプリ。音声によるメール送信、音楽再生といった操作も可能。月額利用料無料。
・「スマートフォンホルダ01(パイオニア製)」はNFC搭載スマホを置くだけでアプリの自動起動が可能。ハンドルに取り付けるリモコン付きで4830円。
・「センサーユニット01(パイオニア製)」は、GPSレシーバー、ジャイロセンサー、加速度センサーを搭載。8295円。


カーナビの歴史パナソニック
ゴリラ アイ
「CN-GP737VD」
・背面に「ドライブカメラ」を搭載。8GBのmicroSDHCメモリーカードに、高画質モード(1280×720)なら2時間、標準モード(640×320)なら14時間の録画が可能


二玄社、CG(CAR GRAPHIC)2014年1月号発売。別冊付録に「カーナビの達人2014 WINTER」。


Amazon、ドローンを使った配送サービス「Amazon Prime Air」を発表。


ネルソン・マンデラネルソン・マンデラ、死去。


11月
カーナビの歴史富士通テン
イクリプス
「AVN-ZX03i/Z03iW/Z03i」
・国内市販ナビで初めて、Wi-Fi機能を搭載。アプリを入れたスマートフォンとWi-Fi接続で連携し、自然な対話による場所検索や目的地設定ができる機能を搭載。
・対話型エージェントアプリ「CarafL(カラフル)」は無料。音声認識・意味理解処理をセンターサーバで行う事により実現。
・エージェントキャラクター「はるか」のコスチュームを変更可能。12月は「サンタコス」を配信。


マイクロソフト、「Xbox One」発売。日本では2014年9月4日販売開始。


ソニー、「PS4」発売。日本では2014年2月22日販売開始。


東北楽天ゴールデンイーグルス、球団初の日本シリーズ制覇!


10月

任天堂、「ニンテンドー2DS」欧米で発売。


川上哲治川上哲治、死去。


楽天田中将大、プロ野球史上初となる開幕から無傷の24連勝で最多勝の快挙!


9月

日産自動車、神奈川運輸局で自動運転車のナンバープレートと自動車検査証を日本で初めて取得。


ソフトバンク・auに続きドコモも、Apple「iPhone 5s/5c」を販売。


楽天、球団創設9年目で初のリーグ優勝!


任天堂元社長、山内溥死去。


ヤクルトのバレンティン、日本プロ野球シーズン本塁打新記録となる56号!


2020年、東京五輪決定!!


8月


トウカイテイオー、死亡。


7月
7月1日
GPS、GNSSの歴史インド宇宙研究機関(ISRO)、インド地域航法衛星システム(IRNSS)の最初の衛星「IRNSS-1A」を打ち上げ。
IRNSS-1A
・初号機開発費用160億ルピー(約300億円)。
・運用期間10年。
*出典:RAMMB


ソフトバンク、米スプリントネクステルを買収。


日本初の高速道路開通から50周年。


二玄社、CG(CAR GRAPHIC)2013年8月号発売。別冊付録は「カーナビの達人2013 SUMMER」。


米デトロイト市、財政破綻。


2013 平成25年
6月
GPS、GNSSの歴史三菱電機・NEC・JAXA、次世代衛星を使った位置測定の技術を共同開発。世界最高精度で誤差は1cm。



富士山、世界文化遺産に登録。


5月
カーナビの歴史パイオニア
カロッツェリア
サイバーナビ
「AVIC-VH0009HUD/AVIC-ZH0009」
・渋滞しやすい交差点や駐車場入り口を画像で確認できる「スマートアイスポット」対応。サイバーナビ搭載車が撮影した画像をユーザー同士で共有。


カーナビの歴史ゼンリン、2013年3月期決算でスマートフォン・携帯・ネット向け地図データの売上高が、国内カーナビ向けを初めて抜く。


長嶋茂雄長嶋茂雄と松井秀喜に、国民栄誉賞。


4月


三国連太郎、死去。


マーガレット・サッチャーサッチャー元英首相、死去。


3月


第3回ワールド・ベースボール・クラシック、ドミニカ共和国が初優勝。


2月

「Google Glass」、開発者向けに発売。



1月

日本の首相官邸、「Facebook」の公式ページを開設。


 
大鵬昭和の大横綱・大鵬、死去。国民栄誉賞受賞。



カーナビの歴史

2012
平成
24年



第33回日本カー・オブ・ザ・イヤー マツダ「CX-5」

第22回RJCカー・オブ・ザ・イヤー 日産「ノート」
12月
GPS、GNSSの歴史中国版GPS「北斗(中国名Beidou 英語名Compass)」、アジア太平洋地域でサービスを開始。2020年頃、全世界をカバー予定。


任天堂、「Wii U」発売。プレミアムセット3万1500円。


二玄社、CG(CAR GRAPHIC)2013年1月号発売。別冊付録は「カーナビの達人2013 WINTER」。


松井秀喜、引退。


安倍晋三安倍内閣、発足。


11月


森光子、死去。


読売ジャイアンツ、3年ぶり日本一。


10月

マイクロソフト、「Windows 8」を発売。


日本の首相官邸、「LINE」の公式アカウントを開設。


ジェンティルドンナジェンティルドンナ、史上4頭目となる牝馬三冠達成。


山中伸弥、ノーベル医学生理学賞受賞。


オルフェーヴルオルフェーヴル、凱旋門賞で惜しくも2着。


9月

Apple、「iPhone 5」発売。


セイコー/エプソン、ソーラーGPSウォッチ「セイコー アストロン」発売。



8月

スクウェア・エニックス、「ドラゴンクエストX」(Wii版)発売。


ボイジャー1号、人工物として初の太陽圏脱出。


7月
カーナビの歴史ソニー
・カーナビ(nav-u)撤退を表明。


カーナビの歴史富士通テン
イクリプス
「AVN-ZX02i/Z02i」
・ニンテンドーDSソフト「クルマでDS」付属。ワイヤレスでつながり、ナビリモコン、ご当地クイズ、観光案内などが可能。


カーナビの歴史パイオニア
カロッツェリア
サイバーナビ
「AVIC-VH99HUD/ZH99HUD」
・世界初、AR(拡張現実)情報をフロントガラス前方に表示できるAR HUD(ヘッドアップディスプレイ)ユニットを搭載。
・ドライバーの眼から約3m前方に約37インチ相当の大きさで、ナビや運転情報をフルカラーで表示が可能。



オリンピックロンドンオリンピック開催。ボクシング村田諒太など5つの金メダル!


2012 平成24年
6月

二玄社、CG(CAR GRAPHIC)2012年8月号発売。別冊付録は「カーナビの達人2012 SUMMER」。



5月

カーナビの歴史GRAMIN社の製品販売台数が1億台を突破。


東京スカイツリー、開業。


4月

NTTドコモ、スマートフォン向け放送サービス「NOTTV」スタート。



3月

パイオニア、サイクルナビゲーション「SGX-CN700(通称ポタナビ)」発売。


NTTドコモ、第二世代
携帯電話サービス「mova」を終了。


吉本隆明、死去。


2月

富士重工業、軽自動車の生産を終了。54年間に累計約800万台を生産。


半導体大手エルピーダメモリ、経営破綻。


1月
カーナビの歴史GARMIN
「eTrex 10J」
・世界初のGPS・GLONASS・みちびきに対応したハンディGPS。





カーナビの歴史

2011
平成
23年
スマートフォンの活用
第32回日本カー・オブ・ザ・イヤー 日産「リーフ」

第21回RJCカー・オブ・ザ・イヤー 日産「リーフ」
12月
GPS、GNSSの歴史ロシア版GPS「GLONASS(Global Navigation Satellite System)」、再構築した24機体制で全世界サービスを開始。


ソニー、「PS Vita」発売。Wi-Fiモデルが2万4800円、Wi-Fiと3Gモデル(こちらのみGPS搭載)が2万9800円。


二玄社、CG(CAR GRAPHIC)2012年1月号発売。別冊付録は「カーナビの達人2012 WINTER」。
カーナビの達人2012 WINTER


北朝鮮金正日総書記、死去。


横浜DeNAベイスターズ誕生。


11月
カーナビの歴史GARMIN
「nuvi 2565/2582/2582v/3770v」
GARMIN nuvi 2565 2582 2582v 3770v
・世界初となる準天頂衛星「みちびき」に対応したPND。


カーナビの歴史ホンダ
・東日本大震災でのインターナビによる取り組み「通行実績情報マップ」が、「2011年度グッドデザイン大賞」を受賞。


日本の首相官邸、「Twitter」の公式アカウントを開設。


立川談志、死去。


福岡ソフトバンクホークス、日本一に。


10月

Apple、「iPhone4S」発表。ソフトバンクとauが販売。


世界人口、70億人突破。


オルフェーヴルオルフェーヴル、史上7頭目の三冠馬に!


カダフィリビアのカダフィ大佐、殺害。


スティーブ・ジョブズApple前CEOスティーブ・ジョブズ、死去。


史上初の無敗の三冠馬シンボリルドルフ死亡。


9月

トヨタ、ダイハツOEMの「ピクシススペース」で軽自動車市場へ参入。


野田内閣、発足。


8月



7月
カーナビの歴史パイオニア
カロッツェリア
サイバーナビ
「AVIC-ZH09-MEV」
・市販ナビ初のEV(電気自動車)向けナビ。
・回生エネルギーの効率的発電につなげるブレーキ操作を推奨する「eブレーキ」機能や「充電スポット」検索などが可能。
・発売時点での対応車種は三菱自動車「i-MiEV」。
・価格は24万6750円。


7月24日
地上アナログ放送、停波。


二玄社、CG(CAR GRAPHIC)2011年8月号発売。別冊付録は「カーナビの達人2011 SUMMER」。


小松左京、死去。


なでしこJAPAN、W杯初優勝なでしこJAPAN、W杯初優勝!沢MPV!


スペースシャトルスペースシャトルアトランティス号、ケネディ宇宙センターより最後の打ち上げ。30年の歴史に幕。


2011 平成23年
6月

米国ネバダ州で、公道での自動運転車走行を可能にする法律が可決。


NHN Japan、「LINE」サービススタート。


当サイト「カーナビ・ヒストリー」5周年。
カーナビヒストリー 5周年


ピーター・フォーク、死去。


5月
カーナビの歴史パイオニア
カロッツェリア
サイバーナビ
「AVIC-VH09CS」ほか
Pioneer carrozzeria AVIC-VH09CS
・「クルーズスカウターユニット(31万画素CMOSセンサー搭載)」により撮影したフロントガラス越しの実写映像にナビ情報などを表示する「ARスカウターモード」を搭載。
・地図にない道路を、走行軌跡を元に自動生成する「ロードクリエイター」機能搭載。



メジロ牧場、解散。


アメリカ軍、アルカイダのウサーマ・ビン・ラディンを殺害。


4月
カーナビの歴史ドコモ/パイオニア
「ドコモ ドライブネット」
ドコモ Pioneer drivenet クレイドルSPX-SC01
・ドコモドライブネットがスマートフォンに対応。
・ドコモとパイオニアで共同開発した通信ナビアプリ「ドコモドライブネット powered by カロッツェリア」との組み合わせにより、本格ナビを実現。月額315円。
・パイオニアは、GPSレシーバーとクリスタル3Dハイブリッドセンサーを内蔵したスマートフォンリンクナビクレイドル「SPX-SC01」を発売。1万5000円。


パナソニック、三洋電機を完全子会社化。



3月
カーナビの歴史Google
・「Google Crisis Response」自動車通行実績情報マップを公開。
・ホンダの「インターナビ」やパイオニア「スマートループ」搭載車のデータをもとに、Googleマップ上に「通行実績」「渋滞実績」を表示。


3月12日10時30分
カーナビの歴史ホンダ
・被災地域の移動支援を目的として、インターナビ会員の車両から得た「通行実績情報」をGoogle Earth上に公開。
・通行実績有りを青色で表示。


Apple、「iPad2」発売(日本では4月)。


3月10日
ホンダ、TwitterとFacebookに公式アカウントを開設。


ヴィクトワールピサドバイワールドカップ、ヴィクトワールピサが制覇。


3月11日14時46分
東日本大震災。福島原子力発電所事故、発生。


2月

任天堂、「ニンテンドー3DS」発売。



1月
カーナビの歴史アイシン・エィ・ダブリュ
「NAVIelite(ナビエリート)」
・カーナビメーカーがiPhone向けに本格的カーナビアプリを発売。
・年間利用料3800円。





カーナビの歴史

2010
平成
22年
大画面ナビ登場
第31回日本カー・オブ・ザ・イヤー ホンダ「CR-Z」

第20回RJCカー・オブ・ザ・イヤー スズキ「スイフト」
12月
カーナビの歴史トヨタ
「smart G-BOOK」
・「G-BOOK」がスマートフォンで利用可能に。6ヶ月900円より。


カーナビの歴史ハンファ・ジャパン
「PND-A3512」
・3.5インチタッチパネル液晶搭載PND。
・ネット販売限定で、9999円の低価格を実現。


ドコモ、LTEサービス「Xi(クロッシィ)を開始。


二玄社、CG(CAR GRAPHIC)2011年1月号発売。別冊付録は「カーナビの達人 2011 WINTER」。


高峰秀子、死去。


.
11月
カーナビの歴史富士通テン
イクリプスLite
「EP001」
・イクリプスブランド初のPND。
・PND業界で初となるバックアイカメラ同梱。


カーナビの歴史三洋
ゴリラプラス
「NV-SD200DT」ほか
・「ドコモ ドライブネット」(月額使用料315円)対応ナビ第一弾。FOMA対応通信モジュールを内蔵。


カーナビの歴史アイシン・エィ・ダブリュ
・PNDを除く車載ナビとしては世界初となるカーナビ生産累計1000万台を18年2ヶ月で達成。


米GM、ニューヨーク証券取引所に再上場。


千葉ロッテマリーンズ、4度目の日本一。


10月
カーナビの歴史パナソニック
旅ナビ
ポータブルSDトラベルナビゲーション
「CN-SG500L-T」
・200万画素CMOSカメラを内蔵。
・カメラでディスプレイに風景を映し出すと地名、施設名や距離などが重ねて表示される「街並みスコープ」を搭載。


カーナビの歴史ドコモとパイオニア
・「ドコモ ドライブネット」サービスのスマートフォン対応で協業合意。


ホンダ、「フィットハイブリッド」発売。


アパパネ、史上3頭目となる牝馬3冠達成!


鈴木章、根岸英一、ノーベル化学賞受賞決定。


9月
9月11日
GPS、GNSSの歴史宇宙航空研究開発機構(JAXA)、準天頂衛星システム(QZSS)初号機「みちびき(QZS-1)」をH-IIAロケット18号機で打ち上げ。
森永ハイチュウ宇宙で遊ぼうペーパークラフト 準天頂衛星初号機「みちびき」
・単独ではなくGPSを「補完」「補強」し、精度の向上を見込む。
・重さ4トン。設計寿命10年。
・初号機関連総費用約735億円。24時間態勢にするには最低3機必要。
*画像は、森永製菓「ハイチュウ 宇宙で遊ぼうペーパークラフト」。

トヨタ、ダイハツと軽自動車のOEM供給を合意。


武富士、会社更生法の適用を申請。


8月



7月
GPS、GNSSの歴史米国GPSとEUガリレオ、「相互運用の確保」で合意。


カーナビの歴史ナビタイムジャパン
CAR NAVITIME
「WND-01K」
・auの通信網を利用した通信ナビ。コンセプトは「WND(Wireless Navigation Device)」。
・専用プラン「WNDプラン」を用意。月額525円(2年契約)。本体価格4万3800円。


二玄社、CG(CAR GRAPHIC)2010年8月号発売。別冊付録は「カーナビの達人2010 SUMMER」。


つかこうへい、死去。


オグリキャップ、死亡。


2010 平成22年
6月
カーナビの歴史パイオニア
カロッツェリア
Air navi
「AVIC-T07」ほか
Pioneer Air navi AVIC-T07
・PNDとして業界初、毎月地図更新が可能な「マップチャージ」機能搭載。2013年10月まで無料。


カーナビの歴史アルパイン
日本一。
BIG X 車種専用 超大画面LEDナビ
「VIE-X008
Alpine BIG X VIE-X088
・市販のAV一体型カーナビとして初めて、8型液晶(7型の1.43倍)を搭載し大ヒット。
・市販の2DIN規格ナビでは7型ワイドが限界だが、取り付け可能車種を絞り、専用キット「パーフェクトフィット」を開発する事で大型化が可能に。
・サウンドやリアカメラのガイドラインも、車種別のセッティング。
・「日刊自動車新聞社 第23回用品大賞2010」の大賞を受賞。


au、カーナビ向けパケット定額サービス「カーナビ用料金オプション」を開始。


Apple、「iPhone 4」発売。


スペインが初優勝!FIFAワールドカップ、南アフリカ大会開催。スペインが初優勝!日本はベスト16入り。


小惑星探査機「はやぶさ」、帰還。


菅内閣発足。


5月
5月28日
GPS、GNSSの歴史「GPS Block II F衛星(NAVSTAR-65)」を打ち上げ。
NAVSTAR-65 Block-2F
・製造はボーイング社。
・設計寿命15年。
・重量は1545kg。
*出典:RAMMB


カーナビの歴史パイオニア
カロッツェリア
サイバーナビ
「AVIC-VH9990」ほか
・市販ナビ業界初、「エコ・ルート探索」機能搭載。


トヨタ、テスラ・モーターズと電気自動車開発で業務提携。


デニス・ホッパー死去。


4月
カーナビの歴史三洋
ゴリラ
「NV-SD740DT」ほか
・国内初「クイックGPS」採用。ナビ起動後約10秒で測位可能(前回受信より3日間まで)。
・内蔵メモリ16GB。
・フォトフレーム機能搭載。


ソフトバンク、カーナビ向けパケット定額サービス「カーナビプラン」を開始。


三菱自動車、電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」の個人向け販売を開始。398万円。


パナソニック、世界初フルハイビジョン対応3Dテレビ、3Dブルーレイディスクレコーダ発売。


Apple、「iPad」発売。



3月
カーナビの歴史ソニー
nav-u
「NV-U35」
・IPX5相当の防滴性能を実現。
・「徒歩ナビ」、「自転車ナビ」搭載。



宮崎県で口蹄疫の流行。


2月
カーナビの歴史ホンダ
・カーナビの通信料が無料になる「リンクアップフリー」を発表。
・販売店の車検で更新手続きを実施すれば、その期間無料に。
・回線はウィルコム。
・ハイブリッド車「CR-Z」購入者より開始。


ウィルコム、会社更生法適用申請。


スケートバンクーバーオリンピック開催。フィギュアスケートで浅田銀、高橋銅メダル。


1月
カーナビの歴史クラリオン
DrivTrax
「DTR-P7DT TypeII」
・「徒歩・自転車モード」、「バイクモード」搭載。
・声優ナビ対応。


カーナビの歴史エディア
MAPLUS
「闘魂ナビ」(E-115MP-INK)
・アントニオ猪木本人が制作に参加した公認ナビ。本体裏面にサイン入り。
・起動すると「炎のファイター INOKI BOM-BA-YE」が流れ、詩「道」を表示。渋滞時には「猪木ヒストリー」として名場面のスライドショーが流れる。
・アントニオ猪木の「斜め右ダーーー!」といった音声でルート案内。「声優ナビ」の追加ダウンロードにも対応。
・自車アイコンはショートタイツ、ガウン、スーツ姿のアントニオ猪木。


GPS、GNSSの歴史宇宙航空研究開発機構、準天頂衛星初号機愛称募集の結果「みちびき」に決定。応募総数11111件。


2009年の新車販売台数、中国がアメリカを抜き世界一へ。


Google、「Nexus One」発売。


J・D・サリンジャー、死去。


日本航空、会社更正法申請。上場廃止へ。



2005年〜2009年へ
TOP

カーナビの歴史


2015年4月29日 「2010〜2014」OPEN(「2010〜2019」から分割)
2008年8月03日 「2010〜2019」先走りOPEN
2006年6月26日 サイトスタート




スポンサーリンク