カーナビの歴史


2020-2024








2025〜2029年へ



2020年


2021年


2022年


2023年


2024年



カーナビ・GNSS・自動運転動向 周辺・補足・他 社会
2024
令和
6年


第45回日本カー・オブ・ザ・イヤー 「」

第34回RJCカー・オブ・ザ・イヤー 「」
12月



11月



10月



9月



8月



7月



2024 令和6年
6月



パリオリンピック開催。


5月



4月



3月


日本政府、紙幣を刷新。図柄は、千円が北里柴三郎、五千円が津田梅子、一万円は渋沢栄一。


2月



1月

Softbank、3Gサービスを終了。



カーナビの歴史

2023
令和
5年


第44回日本カー・オブ・ザ・イヤー 「」

第33回RJCカー・オブ・ザ・イヤー 「」
12月



11月



10月



9月



8月



7月



2023 令和5年
6月



5月



4月



3月



2月



1月

NTT東日本/西日本、「フレッツADSL」サービスを終了。


 


カーナビの歴史

2022
令和
4年


第43回日本カー・オブ・ザ・イヤー 「」

第32回RJCカー・オブ・ザ・イヤー 「」
12月



11月


FIFAワールドカップサッカーカタール大会開催。


10月



9月



8月



7月



2022 令和4年
6月



5月



4月



3月

KDDI、auの3G携帯電話サービス「CDMA 1X WIN」停波。



2月


北京で冬季オリンピック開催。


1月





カーナビの歴史

2021
令和
3年

第42回日本カー・オブ・ザ・イヤー 「」

第31回RJCカー・オブ・ザ・イヤー 「」
12月



11月

国土交通省、国産新型車に自動ブレーキ搭載を義務化。



10月



9月



8月



7月


東京オリンピック、開催。


2021 令和3年
6月





5月




4月

アイシン精機、子会社アイシン・エイ・ダブリュと経営統合。社名は「アイシン」に。



3月



2月



1月

SoftBank、個人向け「PHS」サービスを終了。




カーナビの歴史

2020
令和
2年

第41回日本カー・オブ・ザ・イヤー 「」

第30回RJCカー・オブ・ザ・イヤー 「」
12月


嵐、無期限活動中止。


はやぶさ2号、地球へ帰還予定。


.
11月

SONY、「PS5」発売?



10月



9月



8月
自動運転関連ホンダ、「レベル3」の自動運転車を発売(予定)。


マツダ、ワンボックスカー「ボンゴ」(1966年発売)の国内生産を終了。商用車から完全撤退。



7月




2020 令和2年
6月



5月



4月


米国失業率、戦後最悪となる14.7%に。


大林宣彦、死去。


安倍首相、新型コロナウイルス感染拡大で緊急事態宣言。


3月


ドコモ、au、Softbankが商用「5G」サービスを開始。


NTT、トヨタ・ゼンリンと資本業務提携。


自動運転関連トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント、専用計測車両ではなく衛星や一般車両からの画像データを元に、自動運転用の「一般道」高精度地図生成に成功。


志村けん、新型コロナウイルス感染で死去。


新型コロナウイルス感染拡大。NYダウは過去最大となる2997ドル安。大相撲は初の無観客開催。春のセンバツ高校野球は初の中止。東京オリンピックは延期に。


2月


トヨタ、新型「ヤリス」を発売。日本車名「ヴィッツ」は廃止に。


野村克也、死去。


1月


ソニー、CES2020で自動運転・電気自動車のコンセプトカー「VISION-S」を発表。


宍戸錠、死去。


国際地質科学連合、地質年代に初の日本地名「チバニアン」と命名決定。



2019年へ


TOP

カーナビの歴史



2019年9月19日 ページOPEN